ネットワークリソースの最適化

クラウド・IT資源の最適化

予期しないシステム停止による公益事業者のコストは数十億ドル

モバイル通信ネットワークの機能停止は、年間$150億以上の負担となっています。システム停止は、売上高と純利益の両方だけでなく、顧客満足度とモバイル事業者の評判にも影響を与えます。クラウドコンピューティング費用は、毎月増加しています。2017年に行われた調査では、84%以上のクラウドサービスが過剰に供給されている、ということが明らかとなりました。これは、作業負荷に必要とされる以上のコンピューティングとメモリが割り当てられていたことを意味しています。Gartnerは、ITのダウンタイムによる組織の負担は、生産性の損失と共に、1分当たり$5,600以上であると推定しています。

そのため、組織が、費用を削減し、生産性を向上するために、通信ネットワーク、クラウドインフラストラクチャーとITリソースを最適化する新しい方法を探しているということは驚くようなことではありません。

クラウドインフラストラクチャーとITリソースの最適化の必要性

クラウド・IT資源の最適化にTigerGraphのグラフデータベースを活用する理由は?

グラフ分析によるネットワークとリソースの最適化

グラフ分析によるモバイルネットワークとITリソースの最適化

仮想化は、コンピューティング、ストレージ、ネットワークリソースのプールにつながる、ビジネスの状況を変えました。ネットワークとITインフラの管理者は、リソースを共有し、複数のアプリケーション、サービス、ビジネスユニットのワークロードを導入できる柔軟性を備えています。データセンターは、ますますIoTセンサーを活用し各ネットワークまたはIoTリソースの健全性を監視するようになっています。ストレージ配列、サーバー、ネットワーク・スイッチ、ルーターなどのリソースが、損耗の兆候を示したり、メンテナンスが必要になったり、ピーク容量に近づいたりするとTigerGraphは何百万ものセンサーからのデータをリアルタイムで分析し、それらを検出します。

管理者は、TigerGraphを使用することによって、リソースの停止などによってどのワークロードが影響を受けるか、そして重要なワークロードを他のコンピューティングサーバーまたはストレージサーバーに移動することでいかに影響を最小限に抑えるかについて、把握することもできます。TigerGraphのGraphStudioは、あらゆるリソースをモデル化、視覚化、そして探索するための直感的なグラフィカルユーザーインターフェイス(GUI)を提供し、管理者がリソース停止の影響を最小限に食い止めるための仮定のシナリオ作りや、リアルタイムの計画策定を支援します。

グラフ分析によるクラウドインフラストラクチャーを最適化

TigerGraphによって、経営組織は、サーバーで稼働している各部門、チーム、製品、所有者のワークロードによるクラウドリソースの消費をモデル化および可視化することが可能です。クラウドサービスの管理者と最適化を担当するリーダーは、重要なワークロードへのサービスレベルを維持しつつ費用を削減するために、リソースの消費を最適化するための分析と推奨の作成を行うことができます。TigerGraphのGraphStudioは、ユーザーが各個人またはチームのタスクを可視化し最適化して、クラウドの費用を削減しつつ、運用効率を向上できるようにします。

グラフ分析が可能にするクラウドインフラストラクテャーの最適化